中国でWiFiする最適な方法は?

10年以上前から仕事で中国へ出張しています。以前、現地の事務所があったときは、事務所で携帯電話を用意してもらい、プリペイドで課金してもらっていましたが、事務所も閉鎖された後は、海外用WiFiルーターレンタルまたはプリペイドSIMカードを購入してWiFiをしています。

 

まずは、中国携帯電話会社は、中国移動通信 (China Mobile)、中国聯合通信 (China Unicom)、中国電信 (China Telecom)中国移動と中国聯合は、海外WiFiレンタル業者も利用していますね。

 

中国本土でのWiFi利用方法

Google, LINE,Twitterを使う方は、現地でプリペイドSIMカードを買ってもネット検閲(金盾)の影響でアクセスできません。そのため、これらSNSを使う場合、香港のCHINA UNICOMなどのデータ通信用のプリペイドSIMカードがamazonやネットショップで手に入るのでそれをSIMフリーのスマホ、タブレットまたはWiFiルーターに挿して利用できます。上海など空港でもプリペイドSIMカードを買えますが、Google,LINE等はネット検閲(金盾)のため利用できません。

 

海外用WiFiルーターのレンタル

日本の海外用WiFiレンタルを利用する方法もあります。料金は、プリペイドSIMカードに比べると高いですが、中国到着後にポケットWiFi(WiFiルーター)のスイッチを入れて、WiFiルーター本体に表示してあるSSIDとパスワードを入力すればすぐに利用できます。セキュリティー面もホテルや無料WiFiに比べて優れています。

 

海外パケ放題、ダブル定額など

利用可能です。

 

ホテルのWiFi

ホテルですと、SSIDのみでパスワードを入力しないでWiFiができるホテルが多いような気がします。今まで、上海、成都、昆明、寧波等の3星から4星ホテルに滞在した限りでは。WiFiができると思ったホテルも改装中等でWiFiが利用できないことも何度かありました。

 

中国は、世界的にメジャーなGoogleのサービス全般、LINE,Twitter,Facebookが利用できないので、香港系のプリペイドSIMカードを購入する方法が簡単かもしれません。