マレーシアでWiFiする最適な方法は?

マレーシアは、移民する方に人気の国です。不動産は除き、物価は日本と比べるとかなり安いので観光地としても人気ですね。

 

さて、このページでは、マレーシアのWiFi事情とマレーシア出張や旅行時におすすめのWiFi接続方法をまとめてみました。

 

プリペイドSIMカード

海外出張者、海外旅行者(個人)は、空港または駅などでプリペイドSIMカードを買うのが便利です。マレーシアの携帯電話会社は、CELCOM、DiGi、Maxisの大手3社、また、格安SIMのTune TalkなどプリペイドSIMがクアラルンプールの空港で買えます。プリペイドSIMカードを購入する場合は、パスポートが必要です。

 

海外用WiFiルーターのレンタル

日本の海外用WiFiレンタルを利用する方法もあります。料金は、プリペイドSIMカードに比べると高いですが、マレーシア到着後にポケットWiFi(WiFiルーター)のスイッチを入れて、WiFiルーター本体に表示してあるSSIDとパスワードを入力すればすぐに利用できます。イモトのWiFiを利用したときは、DIGIの3G回線でした。

 

海外パケ放題、ダブル定額など

利用可能です。

 

ホテルやカフェのWiFi

ホテルやカフェですとSSIDとパスワードを入力すると利用できるところが多いです。マレーシアのホテルでは、WiFiが無料でできるところが多いので便利です。

 

マレーシアは、WiFiがかなり普及しておりホテルやカフェでも普通に使えます。ただ、郊外を車で移動すると、3Gから2Gになったりもしましたが、特に問題なくWiFiが利用できました。,

 

マレーシアでプリペイドSIMカードを買った方の口コミ

マレーシアに2ヶ月ほど滞在したときに、現地でSIMカードを購入しました。携帯電話はiphoneです。マレーシアではほとんどがSIMフリーとなっていて、そこらじゅうに、SIMカードが売っているのです。

 

日本にはない名前のメーカーですが、HOT LINKやDIGI,TUNE TALK、CELCOMなどがありますが、その中でDIGIにしました。このDIGIのSIMカードは登録料を含めて11リンギットで、日本円にすると350円ほどです。しかもこの中に6リンギット分の通話ができるようになっています。

 

利用期間は1ヶ月で、それを過ぎるか、あるいは通話やSMSなどで使い切ると、トップアップにより、お金をチャージするとまた使えるようになるというとても便利なものでした。2ヶ月使って、結局トップアップしたのは1度で30リンギットだけでしたから1000円ほど使ったということになります。計算すると2ヶ月で1350円ほどで電話を自由に使うことができたのです。

 

おまけにマレーシアから日本に何度か電話をかけましたが、10分ほど話してもたいした金額ではなく、100円も使いませんでした。海外は格安SIMカードが当たり前であり、電話にはお金がたいしてかからないのが本当によいです。日本は最近安くなってきましたが、今までは高すぎであったと思いました。