格安simのメリット

格安simを使用することによって、色々な類のメリットの恩恵を受けることに気づくようになります。立場によってどんな恩恵を受けるかは異なってくるものの、格安simの長所を侮ることはできません。では、このメリットですが、例えばどういう点が挙げられるでしょうか。

 

まず、月々の料金についてです。この料金については、キャリアによって異なりますが、今までは7000円近く支払っていた代金が、3000円ぐらいに減ることだって多々あります。

 

もしこれだけの料金の変化が可能なのであれば、1ヶ月間において半額以上も得になっているのですから、有難いことです。年間単位であれば、約5万円近くの節約になるのです。しかも、料金が下がったからといって、サービスの質が極端に悪くなることもありません。

 

次に、契約による縛りがないという点も挙げられます。一般的な大手のキャリアですと、2年縛りといった条件が生じてきます。もし2年縛りであれば、2年間同じキャリアで契約して、2年経過した段階で解約すれば解約金はかからないですが、それ以外のタイミングで解約すれば、解約金の対象となります。

 

最後に、スマホを長く使用できることが挙げられます。これはどういうことかというと、格安のタイプのキャリアの場合、自分で機種代を支払って機種を購入しないといけません。そのため、せっかく購入した機種を無駄にして他の機種に乗り換えるのではなく、同じ機種を大切に使うようになり、物を大切に扱うことに繋がっていきます。

格安simのデメリット

格安simにはメリットもある反面、デメリットもあります。どんなサービスでもそうですが、100パーセント完璧なものはありません。メリットもあればデメリットもあるのが普通なのです。もちろんですが、このことをきちんと理解しているかどうかという点も、私たちにとっては大切になります。では、格安simのデメリットですが、例えばどんな点が挙がるでしょうか。

 

まず、格安スマホに対応している機種を購入する必要があることです。どこのキャリアを使用するにしても、機種がない限り対応できないですし、それならば機種の購入を考えないといけないのは、言うまでもありません。

 

一度購入してしまえば、その機種が故障しない限りその機種の使用を続けることが可能です。では、機種を購入する際にかかる金額ですが、一体いくらぐらいと言えるでしょうか。これに関しては、機種にもよるのですが、約2万円から3万円と言われています。

 

次に、通話代に関するデメリットもあります。もし通話を行う場合は、30秒あたり約20円の金額がかかります。大手のキャリアに比べると、基本使用料が安く設定されているという理由で、このような料金体系になっています。

 

最後に、大手のキャリアメールが使用できなくなるという点も挙げられます。従来のキャリアのスマホと格安スマホを併用するなら、この点は問題ないですが、格安sim一本に絞る場合は、契約前に今一度頭に入れておかないといけない内容になります。