格安SIMカード選びの際の番号確認

格安simを選ぶ際には、費用が安いという理由だけで契約するのは、あまり賢いとは言い切れません。もしこの点だけにフォーカスを置いてしまうと、契約後に自分が後悔してしまうことになります。それならば、きちんと確認することは確認した上で、契約という流れに持っていきたいところです。では、格安simの契約の際に、どんな点をチェックすれば良いでしょうか。

 

ここでカギになるのは、電話番号を持つかどうかについて確認をすることです。というのも、この電話番号の有無を確認することによって、どのタイプのSIMカードを持つのかが決まってきりからです。もし格安simが使用できる機種を持った後に、音声通話をすることを考えているのであれば、当然のようにそれが可能な機種を使用する方が理想的です。

 

もしその必要性があるのに関わらず、音声通話ができない機種を選ぶことになれば、当然ですが直接話したい相手と話すことができず、不便に感じてしまいます。もし音声通話が必要な場合は、1ヶ月あたりの金額で比較するのであれば、ある程度は金額が高くなることは、避けられません。

 

これは状況にもよって異なってくるのですが、データ通信専用のものと比べると、約700円から800円は高くなってしまいます。この金額が高いと感じるのか安いと感じるのかについては、人によって異なってきますが、もし通話の必要性があるのであれば、070や080や090などで始まる番号を持つことが必要になります。

格安SIMカードの買い方

どんな格安simでも、利用するためにはカードが必要になります。そのため、サービスを契約するのであれば、カードの購入について今一度頭に入れるようにしたいものです。では、カード購入の際の手順ですが、これに関してはどのように行えば良いでしょうか。

 

まず、データ専用のカードを購入する場合です。この場合は、購入に際してクレジットカードを準備します。そうすることによって、購入がスムーズにできるようになります。また、もしこの類のカードを購入するのであれば、オプションとしてショートメッセージの機能がついているのかどうかをチェックしておくのも1つの方法です。

 

これができていれば、非常に安心します。次に、音声通話のサービスも利用できるタイプの格安simを購入する場合に覚えておきたい方法についても見てみましょう。もし音声通話を希望しているのであれば、他社からの番号移行があるかどうかによって、細かい方法が異なってきます。

 

もし電話番号の移行がない場合は、クレジットカードと本人確認書類を用意します。本人確認書類については、運転免許証や保険証、あるいはパスポートで問題ありません。また、提出に関してはスマホで撮影してアップで大丈夫です。もし他社からの番号移行がある場合は、クレジットカードと本人確認書類に加えて、モバイルナンバーポータブルの予約番号を準備します。この予約番号がないと、番号移行を正しく行うことができないので、注意が必要です。