台湾でWiFiする最適な方法は?

人気の台湾へは直行便も多く、物価も安いので人気の観光地です。ビジネス客も多いですね。私もたまに出張で台湾へ行くことがあります。

 

さて、このページでは、台湾のWiFi事情というか、台湾出張や旅行時におすすめのWiFi接続方法をまとめてみました。

 

プリペイドSIMカード

海外出張者、海外旅行者(個人)は、空港でプリペイドSIMカードを買うのが便利です。桃園国際空港には台湾大哥大、中華電信、遠傳電信、台湾之星、亞太電信のプリペイドSIMカードが買えます。台北松山空港では、中華電信のみプリペイドSIMカードが買えます。3Gがメインですが、LTEのサービスも始まっています。

 

台湾でプリペイドSIMカードを買うときは、パスポート、購入場所により免許証なども追加で必要になることもあります。空港でプリペイドSIMカードを買う場合は、SIMフリーのスマホやタブレットでしたら、カウンターで設定までしてくれるので安心です。支払は、現金またはカードが利用できます。

 

海外用WiFiルーターのレンタル

日本の海外用WiFiレンタルを利用する方法もあります。料金は、プリペイドSIMカードに比べると高いですが、空港到着後にポケットWiFi(WiFiルーター)のスイッチを入れて、WiFiルーター本体に表示してあるSSIDとパスワードを入力すればすぐに利用できます。

 

海外パケ放題、ダブル定額など

利用可能です。

 

ホテルやカフェのWiFi

ホテルやカフェですとSSIDとパスワードを入力すると利用できるところが多いです。台湾のホテルでは、WiFiが無料でできるところが多いので便利です。